NEWS

電子技術研究部のニュースをご紹介します

シンギュラリティバトルクエストに出場します

2021/11/30

電子技術研究部が、今年もシンギュラリティバトルクエスト(詳細は後述)の決勝大会に出場します。

昨年は、現在高校三年生のチーム(Luminous)が、見事優勝しました。

今年はどうかな!?

大会は、12月26日(日)にオンラインで実施される予定です!!!

チーム紹介

チーム名

サム

メンバー

担当名前学年
サイバークエスト
ロボクエスト
清水 歓音高校1年
AIクエスト
データクエスト
杉本 結音高校1年
Xクエスト本木 輝高校1年
マネージャー森田 敦也高校1年
コーチ松本 研太顧問(技術科)

選手紹介 (文:チームマネージャー森田)

清水 歓音:
常に周りに優しく、音楽やデザインにおいて優れたセンスを持つ。中学一年次にWEBページ作成とプレゼンの大会であるBBコーチプロジェクトにて賞を取る。最近は、杉本、森田と協力して学校案内用ロボット開発のプログラミングも行っていた。現在、AIを用いたRaspberry Pi搭載の自動運転技術の開発を行っている。

杉本 結音:
中学生でG検定と国家資格のITパスポートに合格する。最近はSONYの技術者と連携して開発を行ったアプリ「おはようaibo」がSONYから公開されることが決まった。現在、彼は自分の趣味である野球とPythonを用いたAIの画像認識技術を融合させたAI審判の開発を行っている。

本木 輝:
古い文学作品に強い関心を持つ。中学一年次にBBコーチプロジェクトで農業用ドローンのプレゼンテーションを行い賞を取る。また、優れた語学力を生かしPythonを用いたEV3制御の教本作成を行っていた。現在、清水、杉本と協力してAIを用いた自動運転技術の開発を行っている。

写真

シンギュラリティバトルクエストとは

未来を創造する素質者・能力者として、総合的なAI/ICTのスキルを磨き上げた「AIアスリート」となる高校生を育成・発掘し、その頂点を決める競技大会です。

https://singularitybattlequest.club/

 

皆さま応援よろしくお願いいたします。

3+

お使いのブラウザはサポートされていません。

詳しく見る