PICKUP
A
普通横線入り
7mm
30枚
電技研ノート

プロジェクトD           ~電技研の研究者たち~

2021/08/06

目黒 敬久

第二回

希望を運べ
~レゴクレーンゲームの研究者たち~

第一章 メンバーの結成

2018年9月

WROを終えた中学1年生の彼らは、その知識と経験を生かし、レゴマインドストーム,EV3(運動制御可能なLEGO)で、様々な小道具を制作するチームを結成した。この時はまだ、チームの誰もが、あんな大道具を将来作ることになるとは思ってもみなかった・・・

第二章 事の発端

2018年12月

彼らは、小道具の一環として、小型のレゴだけで出来たクレーンゲームの制作を開始した。

2019年3月

遂に小型のレゴクレーンゲームが完成した。早速岩田先生に体験してもらったところ、思いもよらぬ言葉が返ってきた・・・

このクレーンゲーム、もっと本格的なサイズにしたら?

第三章 長い道のりの始まり

2019年4月:レゴクレーンゲームの設計を始める。

2019年6月:レゴクレーンゲームの材料の木材をビバホームにて購入。組み立てに取り掛かる。

2019年8月:レゴクレーンゲームの可動部分をレゴマインドストームにて制作完了。

2019年9月:レゴクレーンゲームの本体を木材にて制作完了。

毎日ひたすらレゴクレーンゲームの作成につぎ込む日々が続いた。

第四章 失敗

2019年10月

彼らレゴクレーン課にとって、初めての芝生祭が訪れる・・・

その日は一日中大変だった。運転開始当初から、プログラムのバグにより縦移動ができず、ただ横移動するだけのクレーンゲームになってしまったのだ。しかも、可動部の物理的トラブルで、開始4時間で展示を運転休止に追い込まれてしまった。とにかく、本当に大変な一日だった・・・

第五章 リスタート 

2019年11月~

芝生祭を終えた彼らは、その経験と反省を生かし、レゴクレーンゲームのバグの修正、そして更なる改良を進めていった。芝生祭から4か月後の芝浦dayでは、ほとんどトラブルなく、運営することが出来た。新型コロナウイルスの影響で多少の横槍は入ったものの、2020年度の芝生祭での展示にも成功。新たにコントローラーも改造し、安定したレゴクレーンゲームの開発に無事成功した。

最後に

このような長い時間をかけ、無事にプロジェクトを成功した彼らに、こんなことを聞いてみた・・・

あなたにとって、電技研とは?

すると、こう答えてくれた。

電技研は家、部員は家族

電技研、そして彼らの挑戦は、これからも続く・・・

実際のレゴクレーンの動画はこちら↓

7+

お使いのブラウザはサポートされていません。

詳しく見る