Robocup junior

2021/04/01

4

研究メンバー

須田晃弘

高校3年

河野響

高校1年

見崎成

高校1年

檜垣葵

中学3年

               

研究内容

Robocup junior という大会に出場します。

               

研究背景・目的

Robocup junior は様々な年齢層が出場できる大会です。単にロボットについての知識をつけるだけでなく、外部との交流また、研究やスケジュールについてチーム内で管理する力をつけるのも目標です。

               

研究方法

3DCAD ソフト Fusion360 を使ってデータ上で機体設計し、その部品を 3D プリンターで印刷しています。 Kicad を用いて基盤の設計また発注を行っています。 arduino を用いて機体のプログラミングをしています。

企画書公開

PDF

動画